ベストを期待出来ない

お金一人で人身事故被害の示談と向きあい交渉するという方法もあります。ただし、弁護士依頼なくして、 適正な示談金を受け取ることは難しいということが一般常識のようです。ある程度自分自身にとって示談は不利に終わるかもしれないということが納得出来ていればいいのです。

それでは納得出来ないから弁護士依頼をしようと思っている人もいるでしょう。確かに、慰謝料や損害賠償として受け取れる金額の総額は少なくなるかもしれません。しかし、最初から示談とはこういうものだということを納得して向きあうことで、交渉をあまり長期化せずに済ますことが出来ます。

そもそも弁護士依頼をるすことで多くのお金を得ること自体、よくばりの発想だったのかもしれません。 でも多くの人たちが本当にこのような発想で納得出来るのかです。

交通事故被害に遭ってなぜ、支払いされるべきお金に妥協をしなければならないのでしょうか。もらうだけもらうというのが交通事故被害にあった人たちの当たり前の主張ではないでしょうか……。本来、何もしないでも一番ベストなお金の額が提示されて当たり前のはずなのですが、現代社会においてはやっぱり、それが実現出来ないのです。それはなぜなのでしょうか……。